要チェック☆防災グッズの必需品はコレだ!!

その他
スポンサードリンク
スポンサードリンク

平成という時代は、

本当に自然災害が多かったですよね。

 

東日本大震災や熊本地震など、
10年の間に大規模が何度起きたでしょう。

この地球上で起こる大規模地震の20%は
日本列島で発生しているそうです。

 

そう考えると、
防災意識は常に持っておかなければいけませんね。

 

防災グッズは定期的に中身をチェックして、
必需品を入れ替えておくと、
いざという時に使えなくて困ることも
なくなります。

 

今こそ備えておきたい
防災グッズ必需品をご紹介します!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

準備するべき防災グッズ一覧リスト。もしもの時の命綱として必携

防災グッズとして、何を準備するべきなのか、
これから揃える場合は、
公共の防災関連サイトを参考にしてください。

 

例えばこちらの防災タウンページには、
持ち出し品と備蓄品のリストをダウンロードできます。

持ち出し品・備蓄品リスト|防災タウンページ
あらかじめ予測することができないのが災害です。日頃から最小限の準備をし、いざ!という時に慌てることなく行動できるようにしておきましょう。防災タウンページでは、避難所マップの他、主な災害について基本的なヒントを紹介します。

 

誰しも共通する必需品から、
子供、妊婦、ペット、高齢者など、
家庭によって必要なものが違うので、
必要な項目のチェックリストを作成できます。

 

全国の避難所マップや、
災害に知識をわかりやすくまとめているサイトなので、
時々チェックしておくと役に立つと思います。

 

すぐに準備しておきたい
最低限の防災グッズの一覧を作りましたので、
こちらも参考にしてください。

 

【防災グッズ必需品】

・軍手
・マスク
・トイレットペーパー
・食品ラップ
・水
・ラジオ
・懐中電灯
・乾電池
・絆創膏
・乾パン

 

いつ起こるのか予測できない災害に備えるためには、
本当はもっといろいろな物を
準備しなければいけないのですが、
まずは基本として以上のものは1つの袋にまとめ、
すぐに持ち出せるところに置いておきましょう。

 

夜中の地震に備えて、
寝室に靴を準備しておくのも重要です。

ガラスが割れたりすると裸足では危険です。

 

センサーで反応して点灯するLEDライト
寝室や階段、廊下に設置するのも
防災準備です。

停電してしまうと、
暗闇のなかで避難できません。

どこにでも簡単に設置できる
センサーライトは1000~3000円ほどで売っているので、
備えておくと良いですよ。

普段も夜中にトイレに行くときに便利なので、
おすすめです。

防災グッズのおすすめラインナップ‼一式セットも要チェック

防災グッズは
1つずつ必要なものを買いそろえるよりも
非常持出袋に一式セットになって
販売されているものを買った方が
安く揃えられます。

 

基本的なものはセットで準備して、
それぞれにまた必要なものを揃えていくほうが
効率的です。

ホームセンターなどでも販売されていますし、
通販でも購入できます。

 

価格は中身によって差がありますが、
2人用で2万円前後、
1人用は1万円ほどが相場です。

女性用や4人家族用など、
必要に応じて選べるので便利だと思います。

 

最近は、
冠婚葬祭のお返しなどでいただく選べるカタログギフトにも、
必ず防災グッズのセットが入っています。

そういう機会があれば、
利用してみてはいかがでしょうか^^

 

まとめ

大きな災害が発生すると、
急に防災意識が高まるのですが、
しばらくすると忘れてしまうので、
自分の誕生日や何か記念日に
必ず防災グッズを点検する日として
決めておくと良いですよ。

いつ、どこで起こるのかわからない災害なので、
早めに準備を整えておきましょう。