水回りの掃除が苦手… そんな私が簡単に掃除ができている方法とは?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

家のなかでも
もっとも掃除が大変な場所といえば
水回りなのではないでしょうか。

汚れがつきやすいのに加え、
すぐに頑固な汚れになってしまいます。

水回りだけは1年に1~2回は
「業者に頼めれば…」という
気持ちにも…。

そんな水回りの掃除が
簡単にできる方法が
あればぜひ取り入れたいですね。

どんな対処をすれば
水回りの掃除が簡単にできるのでしょうか?

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

水回りの掃除の頻度は?

水回りが汚れやすい原因として
「使用頻度の多さ」
「汚れものを処理する場所」
というのが考えられます。

湿気や汚れもののかすで
カビが増殖しやすく
水垢も発生しがち。

カビや水垢が発生してしまうと
薬剤を使わないと対処が難しくなります。

そのため、水回りの掃除は
頻繁に行うことが大切になります。

掃除をしやすくするためには
なるべく物を置かない
ということが大切です。

物が多いと、
どかす手間もあるので
掃除がおっくうに…。

また、汚れも溜まりやすく、
見逃してしまうと
頑固な汚れに
変化してしまいます。

我が家のキッチンでは
スポンジやブラシは
壁にぶら下げて、
三角コーナーは撤去、
頻繁に使う
調味料も棚に収納、
シンクの周辺には
洗剤しか置かない
ようにしています。

まずは掃除を
しやすい環境を
つくりましょう。

掃除の頻度として
ベストなのは
使ったらすぐ掃除
ということなのだと
思います。

しかし掃除といっても
そんな特別なことは
必要なく、
乾いたタオルで
周囲を拭くくらいで
大丈夫です。

湿気を取ることで
カビや水垢が
発生しにくくなります。

頑固な汚れが
溜まらないことで、
さっと拭くだけでも
きれいな状態が保てます。

1日1回と決めてしまうと
水回りに汚れのカスなどが
溜まっててしまい、
なんとなくやる気が
なくなってしまいます。

でも、使い終わったら
さっと流して
さっと拭くとすると
きれいな状態が
自然と保てます。

 

シンクが乾くと白くなる原因とは?

ステンレス製の
シンクの場合、
乾くと白い汚れが
あらわれます。

なかなか頑固な汚れで、
溜めてしまうと
ブラシでこすっても
落としにくくなりますね。

この白い汚れは
水道水に含まれる
ミネラル成分が
固まった水垢になります。

水道水が原因の
汚れになるので、
こまめに拭いたりして
水気を取ることが
水垢を発生させにくい方法です。

水垢が溜まってしまった場合、
ミネラル成分は
アルカリ性のため
酸性の洗剤が有効です。

安価でステンレスを
傷つけにくい洗剤としては
クエン酸が挙げられます。

クエン酸を
小さじ1を水200mlで溶かして、
水垢が気になるところに
キッチンペーパーなどを
乗せた上から
クエン酸水をスプレーして
1時間ほど放置します。

そうすると水垢を
浮かしてくれるので
タオルなどでこすれば
きれいに汚れを落とせます。

それでも落とせないときは
柔らかめのブラシと
クレンザーを使うことで
摩擦の力できれいに
水垢を落としてくれます。

トイレの内側の頑固な汚れはどうすればいい?

トイレの内側はブラシが
入りにくく見えにくいため、
いつの間にか汚れが
溜まってしまいます。

気付いたころにいは黄色や黒い汚れが…。

トイレ専用の
ウェットシートで拭いても
簡単には汚れが
落とせなくなってしまいます。

黄色い汚れは
尿が固まった尿石と
呼ばれるもので、
黒ずみは黒カビやほこり、
便などが固まって
しまったものになります。

こういった頑固な汚れには
「薬剤で漬けおきする」
ということが大切です。

汚れが気になる部分に
トイレットペーパーを
敷き詰めて、
サンポールなどの
酸性洗剤を塗布して
漬けおきします。

あとは水で流してから
歯ブラシや便器の
裏側専用のブラシで
擦れば完了です(^^)

いかがですか?

どれも簡単ですよね♪

 

まとめ

水回りの掃除は
「やらなきゃ」と考えると
途端におっくうに
なってしまいます。

皿洗いもできれば
避けたいくらい…。

しかし1度溜めてしまうと
2~3倍もの労力が
必要になってきます。

そのため「物を置かない」
「使ったらすぐに流す・拭く」という
作業をルーティーン化
することで
頑固な汚れに
なりにくくなります。

水回りの掃除を
簡単にするためには

「掃除のしやすい環境にする」
「汚れを溜めない」というのが

鉄則になります。

さあ、あなたも今日から、
汚れをためない主婦に
なりましょう♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク
その他
kabahiyoをフォローする
まるほりブログ