ポップコーン不発したのを再加熱したらどうなる?!油なしはレンジで!

おいしいもの
スポンサードリンク
スポンサードリンク

自宅で簡単に作れて人気の
ポップコーン。

そこで毎度の悩みが、
不発だったモノ・・・

可哀想だから、
捨てるのももったいない。

食べてみたら硬くて、
歯が痛くなっちゃった!

なんで不発となってしまうか、
コーンの再加熱は、
できるのか?

おすすめの方法をご紹介しますね^^

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ポップコーンなぜはじけない?再加熱するとどうなる?

うちで作っていると、
どうしても不発のコーンが
出てしまうんですよね?

何で不発なの?破裂しないの?

それは、ケチって
油を少なくしたり、

欲張ってコーンを
沢山やりすぎて、
全体に火が通らなかったせい!

でも、作り方で、不発を残さず
作れるんですね♪

ポップコーンが
破裂する仕組みは、

焼く前のポップコーンは、
乾燥した皮の中に
コーンの果肉が詰まった
状態になっています。

コーンの果肉の中には、
水分があるので、
火を通していくと、
気体へと変化します。

水が水蒸気になると、
その体積は約1700倍に⁉

硬いコーンの殻も、
この圧力には勝てずに
パーンと殻から
弾け飛ぶんです!

だから、不発のコーンは、

加熱が足らなかっただけ!

じゃあ、もう1回、
しっかり焼いたら、
破裂するかも?

今までは、不発を、
(もう破裂しないんだ)
と思って、いつも
捨てるのがもったいなくて
そのまま食べていました。
硬くて、けっこう好き♪

でも・・・
不良豆や湿気ている
という可能性も⁉

だから美味しくない
のも、あるんです~

だから、袋にも、
「絶対再加熱しない」
と書いてありますが、

もう1度焼いてみたら・・・
ちゃんと破裂しました♪

やっぱり、ちゃんと
火が通ってなかっただけ
だったんでしょうね。

今度からは、
欲張って沢山コーンを入れず、
ケチって油を減らさない‼

 

んあっ?!

ポップコーンをヘアーアイロンでやってる方も!

ヘアアイロンでポップコーンが出来るのです!

こんな使い方もあるんですね~
面白い♪
普通のアイロンでやったら、
もっといっぱい作れちゃうかも~

 

ポップコーンのおいしい作り方のコツ♪

ポップコーンを
おいしく弾けさせるには!

やっぱり、まんべんなく

☆全てのコーンに
火を通すこと☆

だからいつも、
フライパンにふたをして、
ずーーーーーっと
ゆすり続けています。

これって、
結構重くて
疲れちゃいます~

しかーっし!
もっと確実な方法が
あったのです!

ちょっと不安ですが、

最初温めている時、
はじける寸前まで、

ふたはしないで、
フライ返しで
コーンを全体的に
いため回すんです!

いつ弾けるか
ドキドキですよね⁉

あまり強火で加熱すると、
硬いポップコーンに
なってしまうし、

炒め回している間、
コーンの様子を見る
余裕をもつためにも、

火は中火でゆっくり♪

チリチリジージーと
コーンの周りに細かい
泡が立ってきたら、
そろそろ弾けるかも!

そして次のポイント♪

☆わたしのレシピ 味付けのタイミング☆

私はいつも、
焼きあがったら、
フライパンへ塩を
ふりかけていましたが、

あまり味がしなくて、
塩がフライパンの底に
残ってしまっています。

これも、
おおざっぱな私が、
だいたいで作っているせい⁉

本当は、油を使って、
塩をコーンに
くっつけるんです!

大事なことは、

☆ちゃんと分量通りに作る☆

コーン カップ二分の一
油大さじ4杯
塩(細かいモノ)

けっこう油使うんだなぁ。

熱したフライパンに、
油と塩を入れてから、
中火にかけるんです!

そこへコーンを入れると、
油にひたひたに
つかるくらいですね~

このくらいにつかるから、
まんべんなく火が通り、
しかも塩味もつく⁉

っていうことだったんだー!

何もかも、
いい加減に作ってた~⁉
ということを、
痛感した私でした・・・

弾け始めたらふたをして、
火を少し弱めて、
ジャカジャカと、
勢いよく振ろう♪

まんべんなく
火を通すコツ!

ポンポンいわなくなったら、
火を止めてできあがり♪

これで、ちゃ~んと
味のするポップコーンは
できました~♪

手が止まらない~♪

出来上がったポップコーンに
溶かしバターをとろーりかけて
シャカシャカしてもいいですね^^

ちょっと変わり種のレシピ♪

*醤油味*
塩を入れ素に焼いて、

焼きあがったら、
スプレーボトルに入れた
醤油をポップコーンに
まんべんなく吹きかける!

と、和風ポップコーンの
できあがり♪

*カレー風味*
最初にあ豚と塩を入れるとき、
カレー粉も入れると、

カレー風味の
ポップコーンできあがり♪

*マヨネーズ味*
油の代わりに、
マヨネーズで焼くと、
マヨネーズ味に♪

これならもう、
スナック菓子の
ポップコーンは買えないわ♪

 

ポップコーンが油なしで電子レンジで作れておいしい♪

頭の固い私は、

ポップコーンは
フライパンで作るモノ!

って思っていましたが、

電子レンジで、
簡単においしく
作れる方法を解説しますね。

紙袋にコーンを入れて、
袋の口を閉じて、
600wで3分加熱します。

1分くらいでポンポンと
音がし始めるので、
静かになるのを
待ちましょう~

出来上がったら、
塩をかけてできあがり♪

その時に、
コンソメ粉末を入れて、
振り振りすれば、

コンソメポップコーンに♪

これなら、油無しで作れて、
ヘルシーですね~

紙袋でヘルシーポップコーン♪

【電子レンジで簡単!】紙袋でヘルシーポップコーンを作ってみた!

㊟気を付けたい注意点㊟

電子レンジで作ってみたら、
焦げてしまったー⁉
ということがあります。

これは過熱しすぎ!

500wでやるか、
500wの設定が無ければ、
加熱時間を短くすること!

時々電子レンジを開けて、
コーンをふって、
全体にまんべんなく
火が通るように混ぜるのも、
改善策です!

あと、
不発のコーンが残るので、
不発は電子レンジでやらず、
フライパンで焼くように!

 

ポップコーン豆を上手に長く保存する方法♪

よくばりな私は、
業務用のポップコーン豆を
大量に買ってきちゃいます♪

その方がお得だし、
たくさん作れるし♪

でも、長く取っておきすぎて、
ポップコーンの豆が
湿気てしまうと、
うまく弾けないんです⁉

さぁ!
どうやって保存すれば、
できるだけ長くおいしく
ポップコーン豆を
とっておけるんでしょう?

初めて知ったのですが、

ポップコーンを作る
とうもろこしの種類と、
焼いたり蒸して食べる
とうもろこしとでは、

品種が違うんです!

ポップコーンを作る
とうもろこしの種類は、
爆裂種といわれる、

外皮が硬くて、
加熱すると、
豆の内部の水分が
水蒸気になって
膨らんで、
圧力に耐えられず破裂する
という種類です。

爆裂種のほうが、
賞味期限が長いです!

未開封なら、
収穫から2年はOK!

開封したら、
2か月くらいで
食べ終わるのが
目安です!

しかし、大量に買って、
もう少し食べ終わる時期が
先になりそうなら、

・乾燥剤を入れて
密閉する

・冷蔵・冷凍する

という保存方法で、
期間は長くできます。

ちなみに!

焼いた後のポップコーンが
残ってしまったら・・・

*保存方法*
袋の口をしっかりしめて、
冷蔵庫で保存!
こうすると、
湿気を防げます。

味は落ちていくので、
なるべく早めに召し上がれ♪

 

まとめ

不発コーンを作らず、
焦がさずおいしい
ポップコーンを
作るには!

油をしっかり使って、
油の中に塩を入れ、

中火でフライパン返しで
炒め回すのがコツ♪

おいしいポップコーンを
作って食べよう‼